映画『ハドソン川の奇跡』と飛行機の冷や汗タラタラ体験

 

 映画『ハドソン川の奇跡』にパニック映像を期待して行ったらがっかりする。クリント・イーストウッド監督は「奇跡の着水」を描こうとしたのではない。それが証拠に、原題は「ハドソン川の奇跡」でも何でもなく、ただの「SULLY」である。サリーとは「CHESLEY SULLY SULLENBERGER(チェスリー・サリー・サレンバーガー)」のミドルネームのサリー、つまり、奇跡を起こしたUSAIRWAYS 1549便機の機長さんの名前である。
 名優、トム・ハンクスが渋く演じている。
 では、イーストウッド監督は何を描こうとしたのか。
 冒頭から出てくるアメリカの国家運輸安全委員会(NTSB)への召喚状から、最後の最後のシーンまで、奇跡を起こして乗客・乗員155人全員の命を救った英雄が、実はもう少しで罪人扱いをされるところだったという意外な内容が描かれているのである。
 日本人も2人乗っていたUSエアウェイズ1549機は、2009年1月15日にニューヨークのラガーディア空港を離陸した直後、両方のエンジンが「バード・ストライク」つまり、カナダ雁に飛び込まれて炎上、たった高度850メートルでストップしてしまったのである。
 推力ナシでは滑空しか飛ぶ方法がない。ラガーディア空港に引き返す余裕がなく、対岸のニュージャージー・テターボロ空港に緊急着陸する余地もなかった当機は、サレンバーガー機長と副操縦士・スカイルズの咄嗟の判断で、橋すれすれに下降して、ハドソン川に胴体着水したのである。
 全く、奇跡と呼ぶしかないアクロバット着水を成功させたのだった。当時、私もテレビのニュース速報を見て、感嘆の声を発したのを覚えている。
 不時着水から、多くの船で乗客たちが救助される場面は、リアリティにあふれ、しかも、誇張したパニック映画にはなっていない。刻々と迫りくる機体の中の水や、川に浮かんだ飛行機の主翼の上で凍えている乗客たちが、足元をふらつかせながら船に乗り移るシーンなどが時間を追って正確に描かれていた。
 全員が救助された史実を知っているので、不時着水のシーンはドキドキしながらも落ち着いて見られたが、映画の終わりに近く、公聴会で機長たちが証言し、まるで裁判官のようにおっかない顔で詰め寄る調査官たちの追及場面が、真にスリリングなシーンだった。
 これから見る人たちのために結論は書かないが、ラガーディア空港に引き返すシミュレーションも、テターボロ空港に着陸するシミュレーションも、共に本物のパイロットが操縦して、会場で映像が映されるとは知らなかったし、本物のコックピット内クルーのやり取りの緊迫感も恐ろしかったのである。
 つい7月の終わり頃、私も国内線に乗った。しょっちゅうヨーロッパへ行っていた数年前には、機体をえり好みして、飛行機博士の家族に意見を聞き、フライト出発時間よりも機体の種類で旅行のスケジュールを組んでいた。基本的に飛行機嫌いなのは、過去に何度か髪の毛が逆立つ経験をしているからである。
 一番怖かったのはイタリアのローマから、スペインのマドリードまで飛んだ時だった。家族の飛行機博士の曰く。「この機体はアメリカの戦闘機のお古」だ! 国際線のくせに中型と言おうか小型と言おうか、機体のお尻がパカッと開いて出入りする。つまり、昔はおそらくお尻からパラシュートで脱出するための設計だったのではなかろうか。
 この機が上空で乱気流に巻き込まれてしまった。一瞬にしてドーンと150メートルくらい落下したのである。巡行していたのでシートベルトをしていなかった私は天井まで飛び上がって頭を打った。マドリードに着いてから、さっさと乗客より先に、お尻の出口からタラップを降りた男のCAが、何もなかったような涼しい顔をして、横を向いていた伊達男ぶりを妙に今でも記憶している。日本の飛行機だったら、恐らくひとことお詫びを言われたはずだが、あちゃらのクルーは屁の河童、こんなものは謝ったりしないのだ。
 もっとゾッとしたのは、パリからイタリアのローマまでアリタリア航空で飛んだ時だ。ふと、座席の上の荷物入れを見ると、天井の方からくねくねと垂れてきた茶色の油のような液体が、荷物入れの蓋の上を這っている。油だぞ!
 もし航空機の全身に走っている重要なパイプから、油が漏れ出しているのなら大変だし、それこそ、油ならば引火でもしたらお陀仏だ。大慌てでCAを呼んだところ、短髪の綺麗なラテン系の客室乗務員さん、澄ました顔でティッシュで油をふき取って、何事もなかったように行っちゃったのである。
 ローマに着くまで生きた心地がしなかった。でもまだ生きている。
 もう1度は南仏の地方空港でのこと。搭乗時間になってもアナウンスはなく、滑走路を見ても駐機している飛行機が1機もない。私と連れが並んでいる前には、複数のクルーの制服を着た男女が立っていて、何やらひそひそと話している。外国語の上に声が小さいのでよくわからなかったが、聴き耳を立てているとやっと事情がつかめた。
 われわれが乗るはずの飛行機に関して、パリのオルリー空港で、「爆弾を仕掛けた」というテロ予告の電話があり、急遽、別の機体の調達に時間がかかったのである。合計3時間遅れで代替機が到着し、やっと乗れたのだが、このおかげで、玉突きのように次々と移動が遅れた。結局、高い金を出してネットで購入してあった、ザルツブルグのオペラ・チケットがパア。勿論、航空会社が弁償してくれたりはしなかった。日本における交通機関の正確さに慣れたわれわれは、ともすればきっちりと予定を組みがちだが、あちらでは絶対に失敗するヨ。