プロ野球 日本シリーズ、クライマックスシリーズのへんてこりん

 

 10月30日現在、プロ野球の日本シリーズは広島カープの1勝1引き分けで、今夜から場所をヤフオクドームに移して第3戦が行われる。これを書いている今は30日(火)の午前中である。
 地元に帰ったソフトバンクホークスが、俄然元気が出て勝つのか、一気に広島が2勝するのか、私はどちらのファンでもないので冷めてみている。敢えていえば、九州のオーナー社長さんが苦手なので、広島が勝つ方がうれしい。
 今回の日本シリーズのことを、私は袋叩きに遭いそうだが、「場末シリーズ」と呼んでいる。だって、東京圏も阪神圏も関係のない、田舎のチーム同士で戦うわけだから、東京人から見れば、はるか遠くの西の方の、全く関心のない地域のチームばかりで、面白がれという方が無理なのだ。ごめんなさい。
 広島だって福岡だって大都会だと言われそうだが、首都圏と、かつての都がある京阪神と、九州や広島とはおのずから違うのである。
 私の中では福岡も広島も関心の薄い田舎町である。
 それはいいとして、今回の日本シリーズに私があまり熱を入れられないのは、制度がどうしても納得いかないからである。
 今年のペナントレースが終了した時に、パシフィック・リーグの順位は、1位が埼玉西武ライオンズ、2位が福岡ソフトバンクホークス、3位が北海道日本ハムファイターズ、4位がオリックス・バファローズ、5位が千葉ロッテマリーンズ、で、6位が東北楽天ゴールデンイーグルスだった。
 ところが、クライマックスシリーズのファーストステージで日ハムを降してファイナルステージに進んできたソフトバンクに、こともあろうに首位の西武が、負けちゃったのだ。
 ひと試合のアドバンテージがあったのにも関わらず、ソフトバンクが西武に3勝してしまった。ここでペナントの優勝チームである埼玉西武ライオンズは、日本シリーズに出られもしないという「へんてこりん」なことが発生した。
 1年間も闘って、営々と勝ち続けてきて、CSのたったの数試合で負けたからといって、「はい、それまーでーよ」というのは、どう考えてもおかしいのだ。
 今年の西武は143試合のうち、88勝して53敗、つまり、貯金が35である。2位のソフトバンクは143試合のうち、82勝、60敗、貯金は22だ。西武とソフトバンクのゲーム差は6.5である。
 143ゲームも闘った結果を置いといて、ほんの数試合のCSの結果で、パ・リーグの代表が決まるなんてどう考えてもおかしいのである。
 百歩譲って、CSで観客の興味を繋ごうとするならば、折衷案がある。
 それをここに書く。

  1. CSは存続させていいが、条件を付ける。
    ペナントレース終了時点で、1位チームと2位チームの間のゲーム差が「5」以内ならばCSを実行する。両者の実力が接近しているからである。
    しかし、「5」以上空いていれば、1位チームの優勝決定ばかりでなく、日本シリーズへの出場資格も与える。
    つまり、今年のように1位西武と2位ソフトバンクのゲーム差が6.5にもなれば、貯金の額は13も差があるということで、これは文句なく1位の西武が日本シリーズに出るべきなのである。
  2. 終盤になって消化試合を避けるためには、順位だけでなく、ゲーム差に関心を持たせて競わせるべきで、そうすれば、Aクラス、Bクラスなどというアバウトな関心で留められない切迫感が出てくると思う。
  3. セントラル・リーグとパシフィック・リーク゛で、片っ方は大差がついてCSなし、片っ方はCSあり、なんてことになれば面白いではないか。
    終盤戦の間延びとか無関心を避けるためには、もっともっと業界が頭を使って制度改革を行なわなくちゃあ。サッカーやT-リーグに負けるぞ。

 それにしても今年の西武ライオンズ。監督・辻発ちゃんは油断したね。
 CSのファイナルステージで、ソフトバンクと超相性の悪い菊池雄星を第1試合にもってきたのがチョンボの始まりだった。
 アドバンテージがあるのだから、悠々と2番手ピッチャーに投げさせて、エースの菊池は2戦目以降に使うべきだった。1回の表から、雄星は何となく自信がなさそうだった。連敗の後で1勝しただけの若者の心には、嫌な予感があったのに違いない。第1戦で負けたのがすべての始まりである。
 指揮官の作戦ミスで、「とくダネ」の小倉智昭さんの嘆くこと嘆くこと!
 さて、あまり関心がないといっても、今夜の第3戦を私は見る。
 地元に帰ったソフトバンクの面々が、今以上にのびのびやれば、広島もヤバイが、私はテレビ画面を見ていて、ソフトバンクの選手たちが、大リーグの黒人たちのように、くちゃくちゃとガムを噛んで試合をしているのが不愉快である。
 監督の工藤さんも何か食べている場面があった。
 日本一を決める、自分たちの神聖な仕事の場で、ガムくちゃくちゃはマズいでしょう。ね、キューピーちゃん(工藤さんが西武のエースだった若い頃のわが家での綽名)。
 願望をこめて、私はこのシリーズを広島カープの勝ちと予想する。
 あーあ、来年はせめてわが愛する阪神タイガースに日本シリーズを戦ってもらいたいが、今年のドラフト会議でも、外れっぱなしだったし。
 藤原はずれ、辰巳はずれ。
 矢野燿大さん、来年こそ頑張ってください。